毎日のつぶやき


by houeiryokan

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0111945_2032185.jpg

b0111945_20321889.jpg

b0111945_20321885.jpg

女将には、大好きなものがあります。それは、落語です。行ってきました。大阪の繁昌亭にです。今は、ちょっとまだ内緒ですが、今春から、新しく行うことが、ありまして。その打ち合わせで、行きました。愉しいやら、嬉しいやら。学生時代に練習した『鶴』を偶然聴け、20年前に一瞬タイムスリップ。超ご期待?。
[PR]
by houeiryokan | 2010-02-26 20:32 | お出かけ
b0111945_17361626.jpg

b0111945_17361649.jpg

b0111945_1736161.jpg

b0111945_17361645.jpg

b0111945_17361640.jpg

b0111945_17361629.jpg

b0111945_17361661.jpg

女将、中国に行く。4日目。広州から日本へ。

最後の日になりました。もう、毎度毎度の中国料理に女将は、ズボンが張り裂けそうです。
味付けも薄味で私に合いました。

1枚目の女の人は、そんな女将に中国茶を入れてくれました。
これまた香りがよく、何回も飲ませてくれます。
ここでの日本人の女将は、残すことを忘れてしまい10パイ以上も飲みました。
だって、女の人が次々につぐので、飲み続けたのです。もうーズボンのチャックをあきらめました^^

2枚目の写真は、今回の旅行に同行通訳を担ってくれた 頼 菊香さん。宝永旅館の中国人従業員です。

ずっと前にブログに書きましたが、当館の国際担当者です。日本語、英語、中国語2種類、話せます。
とても教養ある女の子です。今回の旅は、彼女の里へのナビゲータでした。

安心して旅ができました。この場をかりてお礼をいいたいです。日本で宝永旅館のために一生懸命に
働いています。今後、彼女をツールとして国際化に向けての視察の旅でした。


興味があった中国南地方へ行けたこと、そして大きな視点から物事を考えられる経営者になりたい。より一層勉強に励みたいと感じた旅でした。

今度は、オリンピック開催の北京、上海の北地方にいってみたいと思います。
[PR]
by houeiryokan | 2010-02-18 17:36 | お店紹介
b0111945_17263498.jpg

b0111945_17263438.jpg

b0111945_17263472.jpg

b0111945_17263466.jpg

b0111945_17263410.jpg

b0111945_17263450.jpg

女将、中国に行く。3日目。広州に行く。

写真は電車の中で入国許可を書きます。香港は資本主義、広州は社会主義です。
審査が厳しく、入国審査でパスポートと私の顔をにらめっこ状態。怖いなあ、、、笑ってはいけないんだろうな。言葉が分からず、実に不明。こんなときどうするんだ、、、そうだわたしは同じアジア人だとさけんだわけ?

4枚目の料理写真は、広州の地方料理です。
小麦粉をクレープにように何層も重ねてラザニア風に焼いてありました。これは、表現難しい、日本にない味でした。香草がきいてました。
5枚目は、地下鉄に乗って、行って来ました。現地の人とふれあいです。しかし、残念なことに言葉がわかりません。でも、顔の表情でなんだか少しわかりました。小さな子供の表情、親の思いは同じでした。
写真は1892年代の中山という豪商の中国の館です。学校のように教育の現場として使用していたようです。
とにかく、彫刻がすごく屋根の装飾は、その当時の貝、粘土質を使い最高の物に仕上げたようです。

最後の写真は、またまたお料理の写真ですね。
この焼き飯ですが、なんと1人前です。思わず、大食家の女将も完食できませんでした。
また、手前は豚の骨の揚げ物。日本でいうなら、フライドチキンです。焼き飯も豚もおいしかったですよ。

ここで、1つ。中国ではお料理は、残すことが礼儀だそうです。
つまり残すぐらいおなかいっぱい頂いたと、いう意味らしいです。

中国の方が、女将向きですね。なんだか、食べてばかりの私です。太ったみたいです。うふふ
[PR]
by houeiryokan | 2010-02-18 17:26 | お店紹介
b0111945_17184723.jpg

b0111945_17184714.jpg

b0111945_17184716.jpg

b0111945_17184710.jpg

b0111945_17184753.jpg

b0111945_17184793.jpg

女将、中国に行く。2日目。香港に行く。

朝、10時30分の香港行きの電車にのりました。
乗車時間は2時間です。広州元で199元。日本円で3,000円ほどです。
電車は特急クラス。ここでも長蛇の列です。幸いな事に指定券がとれましたので、座れました。
乗車中は、サービスでお水180ミリ1本と赤い袋のお菓子が配られます。
中には、チョコレートが3つ入ってました。中国では3という数字は、順調を意味するらしいです。
ちなみに、7という数字は伸びるを8という数字は縁起がいいそうです。いずれも発音から意味が重複するらしいです。

3枚目の写真はホテルのフロント風景です。香港日航ホテルです。
このホテルを選んだわけは、日本人のスタッフ方が常時おられる理由でした。
ちょうどフロントで2日ぶりの日本語に出会いました。キャーなんだか安心しました。広島県の女性のスタッフ
で、思わず、話し込んでしました。もちろん福井弁で。
後ろの桃の花、そしてみかんの実?の鉢植えが中国のお正月のリースです。日本の門松ですね。
街中にお飾り三昧です。みかんの実?も発音の重複より縁起をかつぐらしいです。

4枚目のひげのおじいさん。この方は中国神様。お金の神様です。思わず記念写真をパチリ^^
香港もお金、お商売の街です。
街はやはりヒト、人、人でごったがえし、歩くこともままならない状態です。
みつけましたよ、香港の下街の風景。鳥、豚が丸ごと調理されています。
豪快ですね。

そして、最後の写真は香港の夜景です。100ドルの夜景?いやいや10000万ドル?

とにかく香港は、これから世界経済の中枢になると私は思います。
人の活気、購買力。需要と供給のバランスからいくと、供給が足りません。実感しました。
日本の不景気なんて、なんのこと状態です。
日本のバブル時代よりもしかしてすごいかも?です。
10年前より中国ではビザが解禁になり各地方より買い物する中国人がやってきています。
ここですごいのは、中国人は借金がきらいな国民らしいということです。
また、高度成長中は、外貨が必要です。

購買力の迫力に女将、唖然の1日でした。
[PR]
by houeiryokan | 2010-02-18 17:18 | お出かけ
b0111945_179453.jpg

b0111945_1794550.jpg

b0111945_1794653.jpg

b0111945_1794647.jpg

女将、中国に行く。そうです。行って来ました!!高度成長中の中国にです。
旅の様子を写真でご説明いたしますね。
まず、福井より新大阪へそして関西空港へ。関空より中国は広州へ4時間で着きました。

まあ、すごくビックリ仰天!!高度成長とは、こういうことをいうんですね。
報道等で認知はしていましたが、、、すごくてすごくて、、、、自分の認識のなさに失望でした。

中国は、旧暦のため2月13日~2週間お正月です。
中国各地より人があふれ、家族と触れ合う習慣です。ある意味日本人より家族の絆が深い国民です。

この日は、夜遅く広州についたので、すっかり夜でしたが、街は赤々とお正月でした。国民は、夜中~朝方まで、お祝い三昧。現地のデパートでは、買い物客がごったがえし。人、ひと、ヒトの波です。
みんな楽しそうに語らっています。
今年もいい年でお金が儲かりますように、、というならば新年の挨拶をしています。
広州とは、その昔、華僑がたくさんいました、、、商売の街なのです。
だから、日本風にいうならば、新年あけましておめでとうございます。
今年もたくさんお金が入りますようにと。

4枚目の食事の写真ですが、広州の伝統料理。
大根とサトイモを小麦粉で練り、油で焼く料理。味付けはシンプルな塩こしょう。おしいかった。
はおちゅー、、、このとき覚えた中国語です。実際に話して、発音して分かりました。
ちなみに飲み物がおいしいときは、はおふうーです。あってるかな?
[PR]
by houeiryokan | 2010-02-18 17:09 | お出かけ
b0111945_9154390.jpg

b0111945_9154387.jpg

b0111945_9154339.jpg

b0111945_9154327.jpg


今日は、今年で4年目の永平寺灯篭ライトアップへ出かけてきました。

あいにくの雨の中でしたが、思わず幻想的な世界に吸い込まれるようでした。

冬の永平寺(えいへじ)も素敵です。宝永旅館よりお車で約30分です。

直通バスも出ています。何回訪れても禅の世界を感じ、非日常を感じられる、、、そんな世界です。
[PR]
by houeiryokan | 2010-02-11 21:15 | お出かけ