毎日のつぶやき


by houeiryokan

女将、中国へ行く!!第3版

b0111945_17263498.jpg

b0111945_17263438.jpg

b0111945_17263472.jpg

b0111945_17263466.jpg

b0111945_17263410.jpg

b0111945_17263450.jpg

女将、中国に行く。3日目。広州に行く。

写真は電車の中で入国許可を書きます。香港は資本主義、広州は社会主義です。
審査が厳しく、入国審査でパスポートと私の顔をにらめっこ状態。怖いなあ、、、笑ってはいけないんだろうな。言葉が分からず、実に不明。こんなときどうするんだ、、、そうだわたしは同じアジア人だとさけんだわけ?

4枚目の料理写真は、広州の地方料理です。
小麦粉をクレープにように何層も重ねてラザニア風に焼いてありました。これは、表現難しい、日本にない味でした。香草がきいてました。
5枚目は、地下鉄に乗って、行って来ました。現地の人とふれあいです。しかし、残念なことに言葉がわかりません。でも、顔の表情でなんだか少しわかりました。小さな子供の表情、親の思いは同じでした。
写真は1892年代の中山という豪商の中国の館です。学校のように教育の現場として使用していたようです。
とにかく、彫刻がすごく屋根の装飾は、その当時の貝、粘土質を使い最高の物に仕上げたようです。

最後の写真は、またまたお料理の写真ですね。
この焼き飯ですが、なんと1人前です。思わず、大食家の女将も完食できませんでした。
また、手前は豚の骨の揚げ物。日本でいうなら、フライドチキンです。焼き飯も豚もおいしかったですよ。

ここで、1つ。中国ではお料理は、残すことが礼儀だそうです。
つまり残すぐらいおなかいっぱい頂いたと、いう意味らしいです。

中国の方が、女将向きですね。なんだか、食べてばかりの私です。太ったみたいです。うふふ
[PR]
by houeiryokan | 2010-02-18 17:26 | お店紹介